梅雨寒の小寒い日は、鍋料理で温まるのが一番

梅雨寒の小寒い日は、鍋料理で温まるのが一番

 

この日、顔なじみの営業マンが訪ねてきた。

営業マンと言っても、私の仕事に関係する営業ではない。

 

彼は名古屋にある商社に勤めていて、取引先で輸出する商品の情報を集めているのだ。

取引先は豊田市内にもあるそうで、こちらに来たついでに私の事務所を訪ねてくれたもの。

 

彼とは車関係のイベントで知り合ったのが縁の、”車つながり” の知り合い。

それ以来の付き合いだけど、ウマが合うと言うかソリが合うというか、年に数回会う程度でも話が弾む。

 

話すことは車のことも多いが、違う業界の話が聞けるのも興味深く、この日も彼の業界の話に聞き入ってしまった。

そんな彼は、クラシックなポルシェを所有しているマニアックな男でもある。

彼の車はポルシェの356C。

1960年代の車だから車齢60年!にもなる旧車だけど、いま見てもエレガントでお洒落な車。

 

さすがにこれだけ古い車だと維持するのも大変で、時間も費用も大喰らいとか。

そのためか今も独身で、仲間からは「あいつはポルシェと結婚した」と言われているらしい。

 

実際の彼はオシャレで礼儀正しい好青年。

と言っても40代半ばなので、お一人様をエンジョイしている ”好中年” か。

 

この日もアレコレ話したけど、最後は飲む話に。

コロナ禍なので彼も外で飲めなくて、家飲みオンリーとのこと。

 

おかげで安く飲めていいけど、女性との接点がますます無くなるのが辛いとか。

私が、ポルシェという彼女がいるじゃないかと言えば、ポルシェはスカート履いていませんから、で大笑い。

 

こんな屈託のない話で帰っていったけど、気のいい男なのだ。


 

彼が来た日は朝から雨模様で、しかも肌寒い梅雨寒の一日。

こんな小寒い日は鍋がいいなと思っていれば、以心伝心。

 

ズバリ鍋料理だった。

鍋料理は材料を鍋に放り込めば出来たも同然で、調理なしの気楽な料理。

 

この日の鍋は、冷蔵庫にあるものを総動員して作ったとか。

チクワに厚揚げ、肉団子、茹で卵にエノキ、沈んでしまって見えないけど魚のヒラメも入っている。

 

肉も魚も野菜も何でもアリで、それを創味シャンタンのスープで合わせてある。

何でもアリの鍋だけど、これが美味しい。

 

それぞれの素材からにじみ出る味がいい出汁となって、渾然一体の美味しさ。

高級なカニとかなくても、これで十分に美味しいのだ(チョット負け惜しみ)。

 

小寒い日であっても、冷えたビールでいく。

グイッといけばいつものように美味しい。

冷たいビールは熱々の鍋に合うのよね。

 

鍋に副菜は無くてもいいと思うけど、サラダが添えられていた。

ポテトサラダとニンジンのフラッペで、いい箸休めになる。

 

締めはうどん。

残ったスープに冷凍の讃岐うどんを入れれば、美味しいうどんの出来上がり。

このコシのある冷凍の讃岐うどんが美味しくて、ここ数年(10年ぐらい?)うどんを外で食べたことがない。

 

鍋料理の締めには、冷凍の讃岐うどんが美味しくていいのだ。

しかも安いしネ。

 

暖房が欲しいような小寒い日だったけど、美味しい鍋で温まった。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました