世の中にリスク・ゼロとか絶対安全というのは無い

世の中にリスク・ゼロとか絶対安全というのは無い

 

知り合いが事務所へやってきた

仕事の話もしたが、新型コロナの話からワクチン接種の話に。

 

私はワクチンの接種を済ませているが、その知り合いは打っていないと言う。

その人は接種対象の年齢なので、これから打つのかと聞けば、打たないとのこと。

 

エッ?と思ったが、ワクチンを打つ打たないは本人の自由だし、それに強制でもない。

中にはアレルギーとかで打てない人もいるから、あっさりと「そうですか」と言っておけばよかったのに、どうして打たないのかと余計なことを言ったのがマズかった。

 

どうして打たないのかと聞けば、あれは危険なワクチンで、そんなものをよく打ったなと私に言うのだ。

そんなに危険なワクチンなのかと聞けば、ワクチンを打って死んだ人が1,000人もいるという。

聞いたこともない根拠不明な数字だけど、これがもし本当ならかなりの死者数。

 

それにあのワクチンは遺伝子組み換えだから危険だとか、10年後の安全性が確認されていないから安全ではないとかで、いかに危険なワクチンなのかをまくしたてる。

最後にはそんな危険なワクチンの接種を進めている政府や、製薬会社まで攻撃する始末。

そしてそんな策に易々と乗ってワクチンを接種した人は、バカだと云わんばかり。

 

さすがにカチンときて、ではどうすれば世界的に感染が広がっているこのコロナを抑えることができるのか。

その対策のプランがあるのかと聞いてみたいとこだが、この人にそんなことを聞いても無駄。

 

この手の人にそんな反論をすれば更にヒートアップしてしまい、着地点が無くなってしまう。

迷路のような話になってきたので、私が「人に依るから」とこの話を引き取り、早々にお帰り願ったが、世の中にはいろんな考えの人がいるものと、改めて思わされた次第。

 

その人には敢えて言わなかったが、世の中にリスク・ゼロとか絶対に安全というものは存在しない。

頑丈な家に住み家から一歩も出なくても、地震や雷、水害などのリスクはある。

 

運が悪ければロシアに落ちた隕石のように、隕石の直撃を食らうこともある。

新型コロナのワクチンも、リスクはゼロではない。

だけどこの新型コロナの感染を防ぐには、ワクチンを打って免疫を獲得するのが、いま考えられる一番有効な対策ではないか。

 

事実その効果も現れていて、ワクチンの接種が最も進んでいる高齢者は、感染率も重症化率も確実に下がっている。

ワクチンの接種を拒否している人達は、この数字をどう評価するのか。

 

そういう人たちは自分の考えに合う情報を探しているから、根拠不明の情報(ワクチンの副作用で1,000人死んだという話)でも、自分の考えに合っていれば事実として取り上げる。

この1,000人死んだという話の実態は、ワクチンを打った後で亡くなった人の総数が1,000人というのが事実で、それをワクチンを打ったために1,000人死んだと、都合よく変換して捉えている。

 

日本では毎日3,000~4,000人の方が亡くなっている。

その中にワクチンを打ってから亡くなる人が含まれるのは当然のことで、その総数が1,000人近くになったことに過ぎない。

 

それを、ワクチンは危険だと言う人は、ワクチンを打ったら1,000人が死んだと頭にインプットしてしまう。

そしてそれを拡散する。

 

これがフェイクニュースの流れで、負のスパイラルとも言える。

その結果、事実かどうか分からない根拠不明の情報を信じて、ワクチンの接種を拒むことに。

 

ワクチンも薬だから、メリットもあればデメリット(副作用)も当然ある。

でも彼らはそのことを比較検討しない。

 

デメリットだけを声高に取り上げて、メリットは無視。

効果を認めようともしないのだ。

 

加えて自分の信じたことは意地でも曲げないし、何を言われても聞く耳を持たない。

自分にとって不都合な情報は遮断してしまうから、手に負えない。

 

ワクチンを接種するしないは個人の自由だと言われればそれまでだが、頭の中が凝り固まっていて、柔軟性を失っていることに気付かないのだ。

 

こういう人たちが、融通の利かない自分勝手な高齢者になる。

これが “老害” だ。

 

人のことではなく、私も ”嫌われる高齢者” になりかねないから、気を付けないとね。

今日はブログ村のカテゴリー「今日作った料理」にそぐわない内容で恐縮。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました