緊急事態宣言延長のためレモンサワーで家飲み三昧

緊急事態宣言延長のためレモンサワーで家飲み三昧

 

ここ愛知県は、新型コロナ感染防止のための緊急事態宣言が出されている。

その宣言が 9月末まで延長されるという。

 

何度目の宣言なのか分からなくなっていて、またかという感じ。

もう慣れっこになってしまい、緊急事態だと言われてもピンとこないし緊張感もない。

 

普段の生活は変わらないけど、飲みに行くことには影響が大きい。

飲食店は時短営業だし、それにお酒が飲めないというのが致命的。

 

寿司屋にでも行きたいところだけど、8時までの営業に加えてお酒が出ないのでは話にならない。

諦めて家飲みで我慢だ。

 

寿司が食べたくても、寿司が作れない。

買ってくるしかないが、寿司屋に出向いて持ち帰るのも宅配を頼むのも面倒。

 

結局スーパーで寿司を買ってきた。

あまり美味しそうではないけど、贅沢は言っておれない。

 

買ってきた寿司がこれ。

ウ~ン、なんかショボい。

盛り直してあるけど、安い寿司を買ってきたから冴えないのか。

 

寿司だけでは物足りないので、ソーセージを焼いてみた。

これはこれで美味しいのだけど、当初の寿司が食べたいという思いとはかけ離れてきている。

 

こんなセットで飲むことに。

寿司が並んではいるけど、いつもと変わらない家飲みのセットだ。

 

この日はビールではなく、レモンサワー。

サッポロの「濃いめのレモンサワー」だ。

 

スーパーで買ってきた寿司がショボかったので、奥殿に稲荷寿司を作ってもらった。

稲荷寿司の揚げは作り置いてあるので、白ごまを混ぜたご飯を詰めるだけで出来る。

 

この稲荷寿司が美味しい。

三温糖を使ったすき焼きのタレで味付けてあるので、濃厚でコクのある稲荷寿司になり、かなり美味。

 

追加の稲荷寿司も並べて、家飲みのスタートだ。

サッポロのレモンサワーで乾杯。

 

グイッと飲めばこれが意外に酸っぱい。

不味いということではなく、レモンの甘酸っぱさがストレートに感じる。

 

缶に書いてあるキャッチコピーに ”しっかり すっぱい!” とあった。

飲む前にこのキャッチコピーを見れば、ちょっとビビったかもだけど、知らずに飲んだからビビらずに済んだ。

 

とはいえそこまで酸っぱいということはなく、これはこれで美味しい。

各社それぞれ特徴を出そうと一生懸命なのだろう。

 

甘酸っぱいレモンサワーと寿司との相性もよく、違和感はなかった。

ただし寿司そのものはイマイチ。

寿司屋の寿司とは値段も違うから、これはこういうものとして味わうべきか。


 

翌日、今度はキリンのレモンサワーにしてみた。

「麒麟特製レモンサワー」という名前。

 

前の日に飲んだサッポロの「濃いめのレモンサワー」もそうだけど、商品名なのかキャッチコピーなのか分からないようなネーミング。

日本酒やウイスキー、ワインなどとは全く違う名前の付け方で、それだけ形式に縛られない自由な世界ということかも。

 

この日はこんなセットを並べてくれた。

ソーセージにナスの甘辛焼き、それに煮物のセット。

これに合わせるのがレモンサワーということで、和洋折衷というより ”和洋ゴチャまぜ”。

 

今はフランス料理に日本酒を合わせることもあるから、難しく考えることはない。

美味しければそれでいいのであって、カッコよく言えば ”クロスオーバー” の世界なのだ。

 

キリンの特製レモンサワーもいい感じ。

サッポロのレモンサワーも美味しかったし、このキリンのサワーも美味しい。

どれが旨いかということではなく、どれも美味しいというのが本当のところで、個人の好みで選べばいいのでは。

 

昨日に引き続いて出されたソーセージ。

ハーブの効いたソーセージて、実は鶏肉のソーセージ。

 

たまたま買ったソーセージが鶏肉を使ったソーセージだったということで、知らずに買ったもの。

だけどこれが美味しくて、今ではレギュラーで買っている。

 

相変わらずの家飲みだけど、いつもと変わらず美味しい。

だけどたまには雰囲気のいい店で、美味しい料理を摘みながら飲みたいもの。

 

加えて美女と一緒となら最高だけど、 これは緊急事態発令中でなくても ”自粛” か。

 

今日も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました