リニューアルした味の素の新ギョーザを食べてみた

リニューアルした味の素の新ギョーザを食べてみた

 

この日のメインディッシュはギョーザ。

味の素のギョーザがリニューアルされ、”新” ギョーザになったとか。

使われている肉の量が1.5倍になり、ジューシーさが増したことに加え、味も変えたと言う。

 

今までのギョーザで何の不満もなかったけど、それを改良し味まで変えるのだから、メーカーの技術者の向上心には恐れ入る。

味も変えたことで、果たしてどんな味になったのか。

さっそく焼いてみることにした。

 

作り方は今までと何も変わらない。

凍ったままのギョーザをフライパンで焼けば、簡単に羽根付きのギョーザができる。

しかも水も油も不要なのだ。

 

できたギョーザがこれ。

オォ、いい感じに焼けている。

 

素人の私でもこんなにキレイに焼けるのだから、まさにギョーザ・マジック。

これを開発した味の素の技術がスゴイ。

 

ギョーザの他に手羽先の甘辛煮などを添えて、セット完了。

用意ができればさっそく一杯だ。

 

今日はビール。

ギョーザにはビールでしょ。

 

リニューアルしたギョーザはどんな味なのか。

パクっと食べれば、いつものように旨い。

確かにジューシーさが増したようで、ジュワッと肉汁が溢れる。

 

味も変わったとのことだけど、私のバカ舌ではその違いが分からない。

前のギョーザも新しいギョーザも、同じように美味しいのだ。

 

この味の素のギョーザを食べるようになってから、店でギョーザを頼まなくなってしまった。

こんなことを言ってはなんだけど、店で出されるのギョーザより、味の素のギョーザの方が旨いとさえ思える。

 

こんなに美味しいギョーザが手軽に、しかも安く食べられるのだから、高いお金を払ってまで店で食べる気がしないのだ。

 

ところでギョーザの盛り方は、焦げ目を上にして盛るのが正しいのか、それとも焦げ目を下にして盛るのが正しいのか。

私は焼けたギョーザの上にお皿を乗せ、フライパンごとひっくり返して盛っているので、焦げ目が上になる。

 

味の素のホームページでもそのようにしているから、これが正解なのか。


© 味の素

どっちでもいいことだけどね。

 

ギョーザの他に、ピリ辛に煮込んだ手羽先もビールによく合う。

私はこれを手羽先と思っていたけど、奥殿が手羽中だと言う。

そう言われればその通りで、先端部分(手羽先)は切ってしまうので、これは手羽中になる。

 

だけど袋には「手羽先」と書いてある。

鶏の手羽は手羽元と手羽先に分かれるけど、先端部分は使わないので、それで手羽元と手羽中そして手羽先の3つになるということか。

これもどっちでもいいことだけどね。

 

野菜も食べないと、ということでキャベツの千切りサラダもある。

今年はキャベツの当たり年なのか、キャベツが甘くて美味しい。

 

味の素のギョーザは変わらず美味しかった。

東京オリンピックの選手村でも大人気だったらしく、「選手村には世界で一番うまいギョーザがある」と言われたとか。

それが味の素の冷凍ギョーザだったのだけど、美味しければ冷凍モノでも世界に通用する。

 

そんな世界レベルのギョーザが、家で手軽に食べられるのは嬉しい限りだ。

今日も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました