魚の煮付けは、思ったよりも簡単な料理なのだ

魚の煮付けは、思ったよりも簡単な料理なのだ

 

この日は魚の煮付け。

魚料理には刺し身とか焼き魚や煮魚があるけど、生で食べる刺身は得意ではなく、一番好きなのは煮魚。

 

中でも好きなのは濃厚な味の煮付けで、キンメダイの煮付けなんて大好きだ。

そんな煮付けは、作るのが一番難しいと思っていた。

 

それに比べて刺身は簡単。

刺し身は魚を切るだけで、煮るとか焼くことはないし味付けもないからだ。

 

居酒屋などであの店は魚が美味しいと言えば、大抵の場合それは刺身が旨いことを指す。

だけどそれは刺し身にする魚そのものが旨いのであって、板さんが旨い魚を作っている訳ではない。

 

こんなことを書くと板さんに怒られそうだが、切るだけで調理をしない刺し身は、料理と言えないのでは。

そう言う意味で、刺し身は料理という気がしないのだ。

 

で、この日は煮付けにしたのだけど、これは奥殿のリクエスト。

立派な赤魚があるから、煮付けにして欲しいとのこと。

 

いつからか魚の煮付けは私の担当になっているが、それは私の方が上手ということから。

料理のスキルの低い私にとって魚の煮付けはハードルが高く、砂糖とか醤油、みりんなどを使って味付けができない。

 

それである時すき焼きのタレを使って煮付けを作ってみたら、これがバッチリ決まってしまった。

それ以来、魚の煮付けは私の担当になってしまったという訳だ。

 

この日もそのすき焼きのタレを使ったのはもちろんのことで、作ったのがこれ。

奥殿の言う通り確かに立派な赤魚で、大皿でないと盛れないビッグなサイズ。

 

赤魚が大きなサイズだったので、今夜のセットに他の物は抑えた。

白菜の漬物にメンマを添えただけで、早速イッパイに。

 

甘辛の煮付けをアテに、冷えたビールをグイッといけばこれが旨い。

プリップリの弾けるような赤魚の身に、濃厚なすき焼きのタレが染みて抜群の美味しさ。

 

自分で言うのもナンだけど、これほど旨い煮付けを出す店もあまりない。

店で食べるより旨いとさえ思う。

しかもこれが安い赤魚なのだから、上等な金目鯛だったらどれほど美味しいだろうか。

 

値段のことを言うのは気が引けるけど、この赤魚は200円だっとのこと。

それでこれほど美味しいのだから、味のコストパフォーマンスは思いっきり高い。

 

こんな感じで気分良く飲んで、締めのご飯に。

赤魚をアテにして飲んでいたので、ご飯のおかずがない。

 

ご飯と味噌汁はあるからごま塩でもあればそれでいいのだけど、それだけではちょっと寂しい。

と言うことで急遽作ったのが卵焼き。

 

私は卵が巻けないので、焼いただけ。

焼いただけと言ってもフワっと仕上げたいので、マヨネーズを入れて半熟仕上げにしてある。

 

これにトマトを加えれば卵とトマトの中華炒めになるけど、トマトが欠品中なので単純な卵炒めだ。

卵焼きも美味しいけど、主役はやはりご飯。

 

ご飯が美味しければおかずは適当でもいい。

って、これはご飯の好きな私だけのことかもしれないが、美味しいご飯はそれだけで主役になれるのだ。

 

美味しかった~。

今日は赤魚の煮付けに美味しいご飯で、ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました