天ぷらやカレーライスは夏が旬なのか

天ぷらやカレーライスは夏が旬なのか

 

この日は天ぷら。

天ぷらが好きな奥殿のリクエストだ。

 

家では天ぷらの回数が多く、週に一度は天ぷらを揚げている感じ。

これが多いのか少ないのか分からないけど、好きなので苦にならない。

ただし天ぷらは私の担当で、作ることが好きかどうかは微妙。

 

と言っても天ぷらは意外に簡単な料理で、材料を用意して揚げるだけ。

それに味付けも不要なので、料理の経験値の低い私向きなのだ。

 

ネタはこんなものを用意した。

茄子、ニンジン、エノキにピーマン、それにソーセージとカニカマ。

ソーセージが沢山あるのは、締めをカレーライスにするつもりなので、そのトッピングにも使うため。

 

それとシシャモ。

今日の天ぷらのメインになるものだ。

 

天ぷらの主役といえば普通は海老だろうけど、海老は高い。

大き目の車海老ともなればかなり値が張るので、普段の食事には出せないのだ。

 

負け惜しみではないけど、シシャモやニギスなどの小魚の天ぷらでも十分に美味しい。

揚げたてのカリッとした天ぷらを味わえば、ビックリするほど美味しいのだ。

 

高級な食材でなくても、天ぷらにすれば大抵のものは美味しく味わえる。

味付けもなしで素材の持つ旨さがしっかりと味わえるということで、天ぷらは魔法のような料理法なのだ。

 

用意できれば衣を付けて揚げていく。

衣は市販の「コツのいらない天ぷら粉」を使っている。

これがないと私では衣が作れない。

 

小麦粉で衣を作れと言われたら、完全にお手上げ。

天ぷら粉があるからこそ、スキルの低い私でも天ぷらが出来るのだ。

 

出来た天ぷらを盛ったのがこれ。

天ぷらそのものはキレイに揚がっていると思うけど、盛り付けは相変わらず下手。

 

盛り付けはプロとアマの違いが一番よく分かるところ。

料理でお金をもらうプロは ”見せる” ことをとても意識していて、盛り付けには特に気を使う。

プロの盛り付けと家の盛り付けのレベルが違うのは仕方ないけど、もう少し何とかなればいいけどね。

 

それはともかく一杯だ。

暑いところで天ぷらを揚げていたので、冷えたビールが飲みたい。

 

冷えたビールをグイッといけば、これが一段と旨い。

暑い時に飲むビールは最高だね。

 

盛り付けはナンだけど、天ぷらそのものはいい感じに揚がっていた。

茄子もエノキも美味しいし、安いカニカマでも驚くほど美味しく味わえる。

 

今日のメインのシシャモもいい感じ。

小魚なので頭からパクッといける。

 

ワタのホロ苦さも大人の味を感じさせてくれて、お酒のアテにピッタリ。

安い冷凍のシシャモでも、天ぷらにすると上等な味に変化するのが天ぷらのマジックなのだ。

 

天ぷらでの一杯が済めばご飯。

ご飯は予定通りのカレー。

天ぷらでそこそこお腹がふくれていたので、ご飯は少なめ。

そのためカレーのルーが大盛りになってしまい、ご飯がカレーの海に浸かっている。

 

使っているカレーは業務スーパーのカレーで、安さと大盛りがウリ。

一人前のカレーを二皿にシェアしてもこれだけの量があるのだから、このカレーをまともに盛ったらご飯が沈んでしまう。

安くて量が多いという ”優等生” のカレーだけど、半盛りのバージョンも出してくれると嬉しいけどね。

 

味は酸味の効いたカレーで、フルーティーな味とも言えるのでは。

酸味の効いたカレーは人によって好みが分かれるだろうけど、私は好き。

 

それと値段を考えたら文句は付けられない。

何と言っても一人前(一袋)がたったの60円!なのだから。

それでこの味だから、十分過ぎると思う。

 

今日は天ぷらとカレーライスという ”夏向き” のメニューで、ごちそう様。

って、天ぷらとかカレーって夏が旬なの?

どちらにしても美味しくてごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました