安い鶏もも肉で作った「鶏マヨ」が美味しい

安い鶏もも肉で作った「鶏マヨ」が美味しい

 

思いもよらぬ出会いで貰った恵那栗。

その栗を使って作った栗きんとんがスゴく美味しくて、自分でもビックリ。

作った栗きんとんを一気に五個も食べてしまい、その時はお腹が膨れたけど、時間が経てばやはりお腹が空く。

それもそのはずで、この日はランチに行ったのに食べられず、家でトーストを食べただけなのだから腹も減る。

 

ということで寿司でも(回転寿司だけど)食べに行こうかと言えば、5時過ぎの今からでは混んでいて、待ちになるのではと。

言われてみればその通りで、寿司は諦めて家で食べることにした。


 

で、何にするか。

奥殿は鶏のもも肉が残っているから、それを使いたいと。

 

とり天もいいし山椒焼きもいいけど、奥殿のリクエストは鶏マヨ。

そういえば最近鶏マヨを食べていないから、久しぶりに鶏マヨもいいね。

ただし作るのはワタシなんですが。

 

鶏マヨの付け合わせには、やっぱりキャベツの千切り。

揚げ物に限らず、こってりとした鶏マヨにもキャベツの千切りが合うからね。

 

用意したのは鶏もも肉と天ぷら用の衣。

衣は日清の「コツのいらない天ぷら粉」を使っているけど、書いてある通りに作ると薄衣になってしまうので、水の量を減らして厚い衣になるようにしてみた。

鶏マヨにはフリッターのような厚い衣の方がいいからね。

 

衣をベッタリと付けて揚げます。

180℃の油で4~5分揚げればOK.

 

その間に鶏マヨの肝であるソースを作る。

マヨネーズに合わせるのはスイートチリソース。

この2つを組み合わせるだけで、美味しいマヨネーズソースができる。

 

マヨネーズとチリソースの混ぜる割合は適当。

チリソースよりマヨネーズを多めにすれば、どういう割合で作っても美味しいから大丈夫。

 

あとは揚がった鶏肉をマヨネーズソースに絡めるだけ。

これでバッチリ。

 

できた鶏マヨがこれ。

いい感じ。

 

それとエビマヨに比べて鶏マヨはボリュームがすごい。

この一皿だけでお腹が膨れそうなほどだ。

 

用意ができれば早速ビール。

ウ~ン、旨い!

初めの一杯は特に旨いネ。

 

ボリューム満点の鶏マヨが、甘じょっぱいマヨネーズソースに絡まって美味しい。

エビで作るエビマヨはモチロン美味しいけど、エビは高いしエビの処理も面倒。

その点、鶏マヨは鶏肉を適当な大きさに切るだけで済むし、ボリュームもあっていいのだ。

 

それにエビに比べ鶏肉の方が値段が圧倒的に安く、この値上げ値上げの時期に助かる。

高いものだけが美味しいのではなく、安くても美味しく作れるものはあるのだ。

 

千切りのキャベツは鶏マヨの下敷きになっているけど、鶏マヨの熱でしんなりとして美味しさアップ。

味も鶏マヨからこぼれたマヨネーズソースで味わえば、これが抜群に美味しい。

たっぷりと盛ったキャベツも、ペロリと完食。

千切りのキャベツだって立派なひと品になるのだ。

 

今日は安い鶏肉を使った鶏マヨで、ごちそう様でした。

美味しかった。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました