コンビニのおにぎりの後は台湾ラーメンで締め

コンビニのおにぎりの後は台湾ラーメンで締め

 

段戸湖の紅葉を見て、家に帰れば午後の3時。

昼ご飯を食べていないので腹が減った。

 

段戸湖へ行く途中、実はコンビニでお茶とおにぎりを買っていた。

段戸湖は山間地のため、食べるところもお茶するところも無いと思い、途中でお茶とおにぎりを買ったのだ。

 

だけどおにぎりは食べずじまい。

なんとなくお腹が空かず、買ったおにぎりはそのままお持ち帰りに。

昼ごはん抜きだから、腹が減るのも当たり前だ。

 

で、家に帰ればさっそくそのおにぎりで早い晩御飯に。

久しぶりに買ったコンビニおにぎりが美味しそう。

 

もちろんおにぎりだけではなく、ビールのアテとして塩ジャケも焼く。

この鮭は冷凍のチリ産のものだけど、これが脂ノリノリの甘塩仕立てで美味しい。

 

他にはサラダを作っただけ。

腹ペコなので早速ビール。

 

グイッといけばやっぱり美味しい。

家で食事をする最大のメリットは、飲めること。

 

飲食店を目指してツーリングすることもあるけど、当たりハズレは当然ある。

調べていった店がアタリなら嬉しいけど、美味しい料理だと飲みたくなってしまう。

 

だけどツーリングの途中なので飲めない。

料理が美味しければ美味しいほど余計に飲みたくなるから、アタリなのも痛し痒しだ。

 

飲むとなれば車とは関係ない世界で飲みたいもので、一番気楽なのはやはり家。

ただしアテを作らないといけないのと、美人ママがいないのが残念だけど、こればっかりはネ。

 

久しぶりに食べたコンビニのおにぎりは、とても美味しかった。

ツナマヨが、ご飯と海苔に絶妙にマッチして美味しいのだ。

寿司のように、おにぎりをアテにお酒が飲めるのも嬉しい新発見。

 

こちらは昆布のおにぎり。

昆布のおにぎりは伝統的なおにぎりの具材だけど、この昆布がまた一段と美味しい。

少し甘めに味付けられていて、昔の昆布の醤油辛さとは次元が違う味。

コンビニのおにぎりは日々進化しているようで、久しぶりに食べるとめちゃめちゃ美味しく感じる。

 

こんな感じで飲んで食事も済んだけど、何か物足りない。

今から何かを作るのは面倒だけど、ここで食べておかないと後で腹が減りそうなので、簡単なラーメンにしてみた。

お腹が空いたままでは寝るのも辛いからね。

 

作るのは台湾ラーメン。

スガキヤが作るこの台湾ラーメンは、東海地方ではメジャーなもの。

辛味はかなり強く、辛いのが苦手な人では食べられないほど辛いが、好きな人にとってはクセになる味だ。

 

作り方は普通のインスタントラーメンと同じで、難しいことは何もない。

3分茹でれば出来上がり。

食べる前から唐辛子の辛味が匂い立ち、食欲中枢を刺激する。

 

一口食べれば辛さで顔が火照る。

と同時に辛味でむせる。

辛いのが苦手な奥殿は、唐辛子の効いたスープの匂いだけで参りそうとのこと。

辛いけど旨い、旨いけど辛い。

 

有名な「味仙」の台湾ラーメンには、そぼろ状のひき肉とニラが入っていて、インスタントものとは仕上がりが違う。

が、辛さだけなら負けていないから、ひき肉とニラを追加すればかなり近いものになりそう。

って、そんな面倒なことをするより、店に行けば済むか。

最近、台湾料理を食べていないから、食べに行きたくなってしまった。

 

この台湾ラーメン一杯で、体温が数度上がった感じがする。

顔からもうっすらと汗。

この状態でコロナの検温をしたら、入店拒否になるかも。

 

久しぶりに食べたコンビニのおにぎりと、台湾ラーメンが美味しかった。

今日はジャンクなご飯でごちそう様。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました