一人飯というより”自炊” 【自宅】

NO IMAGE

 

今夜は一人飯。

外食でもいいけど旨い酒があるとは限らないし、一人ではつまらないから家飲み。

そう言えば日経に「孤独のグルメ」のことが書かれていたけど、孤食を楽しめる人が羨ましい。

 

 

さっそく作ります。

茄子と水菜に残り物のハムを適当に炒めた、ナスの炒めもの。

クリーム煮-016

適当につくた割には旨い。

 

 

 

 

 

作り置きのナスの煮浸し。

クリーム煮-020

炒めものと茄子が重なってるけど、嫌いじゃないからOK。

 

 

 

 

 

今夜のお酒は「小左衛門」。

クリーム煮-011

フルーティーでライトな酸味が効いた小左衛門が旨い。

 

 

 

 

 

一人で飲んでると、どうしてもピッチが早くなってしまうのは仕方のないところ。

一人は気楽だし気を使わなくてもいいけど、やはり食事は人と交わってしたほうが楽しい。

クリーム煮-023

相手が美人ならなおさらいいけど…

 

 

 

一人飲み&家飲みの最大の欠点は、作る人と食べる人が同じ点。

全部作っておけばいいのだろうけど、それでは温かい料理が冷めて不味くなる。

店なら頼めば済むから、外食の方がいいとも思えてくる。

それに新たな出会いもあるかもしれないし。

 

 

 

 

 

とは言え、今夜は家だから自分で次の料理を作ることに。

鶏肉があったので、クリームソース煮にしてみた。

クリーム煮-001

このままカットすればチキンソテー。

その方が簡単で早かったけど、クリームソースを温めてしまったので、後には引けない。

それにしてもチキンが多過ぎたような気がする。

 

 

 

 

 

クリームソースは勿論レトルト。

焼いたチキンを放り込めば出来上がり。

クリーム煮-009

いい感じ。

 

 

 

 

 

自画自賛で恐縮だけど、旨そうに出来た。

クリーム煮-028

見た感じは旨そうだけど、ちょっと塩が効き過ぎだった。

焼くときに普通に塩コショウをしたのが、間違い。

レトルトのクリームソース自体にしっかり味が付いていることを計算に入れていなかった。

ただ、食べられないほどの塩味ではないから、評価するとすれば70点ぐらいか。

 

 

 

 

 

こういう料理にはやっぱりビール。

クリーム煮-026

塩味の効いたチキンにビールが合う。

例によって100円もしないビールだけど、私にはこれで充分に美味しい。

 

 

 

 

 

鶏肉は多かった、、、ということで二皿目。

クリーム煮-032

ビールもじゃんじゃん飲んでしまい、いい気分に。

チキンはもう一皿あったけど、同じような画像ばかりなので、割愛。

結局ご飯は食べずに飲んでオシマイ。

 

モチロンちゃんと片付けましたよ、、、面倒臭かったけどね。

これでは家飲みというよりも、自炊だ。

 

 

やっぱり外に食べに行けばよかったか、井ノ頭五郎のように、、、

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました