ローストビーフなどの洋食系のアテにはビールが合う【自宅】

ローストビーフなどの洋食系のアテにはビールが合う【自宅】

 

 

半年がかりで準備してきたイベントも無事に済み、ヤレヤレ。

その日は無事に終了したということから緊張感もほぐれ、スタッフとともにイベントの終了後から延々7時間も飲んでいたというご乱行ぶり。

お陰で翌日まで酒が残ってしまったけど、やり終えたという充実感が心地良かった。

 

そんなこんなでブログの更新が遅れてるけど、相も変わらず飲んでます。

とは言え、家飲みばかりで改めて書くようなことでもないけど、それしか無いからご容赦のほどを。

 

最近はローストビーフ用にピッタリの肉が手に入るようになり、酒のアテとしてレギュラーの地位についている。

で、今日のアテもローストビーフだ。

imgp7417

自画自賛で恐縮だけど、きれいなバラ色に染まり美味しそうに出来ている。

最近はほぼ間違いなく上手く出来るようになった(作り方はこちら)。

 

添えてあるオニオンスライスをくるんで食べれば、タマネギの甘さも感じられてより美味しくなる。

imgp7421

値打ちなオージービーフでも旨いのだ。

 

醤油で食べるローストビーフなので日本酒でも合うけど、初めの一杯はやはりビール。

いつもはサッポロの麦とホップでも、今日はサントリーの金麦。

imgp7420

金麦は青いラベルのはずなので、これは限定バージョンなのかもしれない。

って、よく見れば ”限定醸造” と書いてある。

 

缶に ”琥珀のくつろぎ” と書いてある通り、琥珀色をしている。

imgp7424

ルビーのような色のビールで、飲めばコクもあって美味しい。

 

こちらは麦とホップの限定バージョン。

imgp7409

麦ホのほうが琥珀色が濃い感じで、飲んだ感じも見た通りの違いがあり、金麦のほうが軽い感じ。

かと言ってどちらかが決定的に旨いということもなく、この辺りは好き嫌いで選べばいいかと。

 

ビール会社それぞれに限定バージョンを出しているのは、それだけ競争が熾烈といことだろうけど、どの業界も大変だ。

 

ローストビーフが美味しいということで、おかわり。

imgp7534

たくさん食べているように思われるかもしれないけど、薄くスライスするように切っているから、量的には大したことはない。

それと脂肪の付いていない赤身の肉なので、クドくもならないから飽きもこない。

 

冷たいものばかりでは、ということでタラを焼いてみた。

imgp7536

タラ鍋用に買ってきたものだけど、分厚くて立派なタラだったから焼いてみたのだ。

 

ほうれん草と合わせて塩だけで焼いてバターで仕上げたけど、これがよく合う。

imgp7535

レストランなら ”バターで仕上げた タラとほうれん草のオリーブオイル焼き” とでもなるか。

 

改めて乾杯。

imgp7538

安っい新ジャンルのビールでも美味しいのだ。

 

ビールでいい気分になったところで、奥殿がメインのチキンカツを揚げてくれた。

imgp7411

ワタクシ、鶏もも肉のチキンカツが好きなのです。

 

本来ならこれはご飯のおかずだけど、調子に乗って更にビールにする。

imgp7413

ウ~ン、旨い。

 

ビールの後には日本酒というのがいつものパターンだけど、今日はビールオンリー。

imgp7539

チキンカツのような洋食系のアテにはビールがよく合うし、実際美味しい。

 

結局ご飯は食べずに今日の食事は終了。

ビールと摘みだけで終わってしまったけど、食べずに飲んでいる訳ではないから、体に悪い事もないだろう。

imgp7537

家でもちゃんと作れば美味しいし、それに何と言っても安く上がるからサイフに優しいのも嬉しい。

それに気を使わなくてもいいし、帰りの足を心配しなくてもいいしね。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました