思わず力が入ってしまった日本 vs アイルランド戦【RWC】

思わず力が入ってしまった日本 vs アイルランド戦【RWC】

 

ラグビーのワールドカップ2019。

ルールも満足に知らない私だけど、日本戦となるとやはり力が入ってしまう。

 

で、第2戦の相手は優勝候補のアイルランド。

相手は世界ランク2位というからさすがに分が悪いかと思いきや、なんと逆転勝利。

ノーサイドのホイッスルが鳴った瞬間、思わず ”ヤッタ~!” とガッツポーズ。

この調子でベスト8(決勝トーナメント)へ勝ち進んで欲しいものだ。

 

ところで豊田スタジアムもRWCの会場になっていて、世界中からファン、サポーターが集ってきている。

チケットは買っていないので入場はできないが、市の体育館(スカイホール)がファンゾーンとして開放されていて、パブリックビューイングも行われている。

ルールもしっかり分かっていない ”俄” ラグビーファンの私だが、折角なので出かけてきた。

 

ここがファンゾーンのスカイホール。

我々が行ったのは1時過ぎで、日本戦は夕方4時過ぎから。

なので今は空いているが、試合開始が近づけばゴッタ返すはずだ。

 

桜ジャージのサポーターも多くいる。

桜ジャージを着てこの時間から来ているとは気合い十分で、俄ファンの私とは入れ込み方が違う。

 

私の主目的はRWCの雰囲気を味わうためと、ビール。

全く不埒なファンで恐縮だ。

 

会場にはフリーで入れるが、手荷物検査がある。

テロを警戒してと言うより、飲み物の持ち込みが制限されているからだろう。

 

ここがファンゾーンで、手前半分はイベント会場になっている。

パブリックビューイングの会場は、奥の方に用意されていた。

 

お目当てのビールは、ハイネケンが公式スポンサーだからハイネケンの一択。

プラカップ一杯で600円と高価。

そのためもあってか、客はご覧通り少ない。

 

ここはプロモーションも兼ねて安く提供すれば、ハイネケンの知名度も上がりファンも増えると思うけどね。

高価さに恐れをなして、ビールは諦めてしまった。

 

ビールの他にワインとお酒もあったが、小さなプラカップ(恐らく100mlぐらい)のショットで千円というボッタクリ価格。

並んでいるお酒の銘柄を見ても大したものではない。

酒屋へ行けば千円で瓶(四合瓶)ごと買える程度のものだ。

 

そんなお酒をプラカップという無愛想な容器に注がれ、雰囲気も何もあったものではない。

この会場で飲むのは諦めた。

 

パブリックビューイングはこんな感じ。

アリーナ席?と、左右の後方に仮設のスタンド席が設けられている。

アリーナ席といってもフロアにベタに座るので、疲れそう。

 

この画像の右側に写っているのが仮設のスタンド席。

パブリックビューイングも早々に諦めてしまい、日本戦は家で見ることにした。

家ならアテを摘みながら飲めるしネ。

 

一時間も居なくてサヨナラしてしまったファンゾーン。

正直もう少しド派手なイベントと思っていたけど、意外とアッサリしていた。

 

大会の主催者とかオフィシャルスポンサーの関係もあって勝手には出来ないのだろうが、もう少し飲食の面が充実していてもいいように思った。

忍者や西尾の抹茶では腹が膨れないからね。

 

家に帰って、速攻で用意してくれたのはギョーザなど。

奥殿も家で飲むことを想定していなかったので、パッと出せるもので用意してくれたもの。

 

それでもファンゾーンで高いビールをプラコップで飲むことを思えば、新ジャンルのビールではあっても、家で飲むほうが遥かにリッチな気分だ。

とは言え、日本戦が始まれば料理なんて摘まむ暇もない。

 

大熱戦で、見ているこちらまで力が入ってしまう始末。

結果は19:12 で日本の勝利。

ビールで祝杯を上げたのはモチロンのことだ。

 

いや~スゴイ!

これで10月5日に行われる対サモア戦に勝てば、ベスト8は確定なのでは。

しかもその試合は豊田スタジアムで行われる。

 

今更チケットは無理だろうから家でTV観戦となるが、楽しみだ。

次もビールとアテを用意して応援だ。

 

ガンバレ ニッポン!

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました