天ぷらとしめ鯖に合わせて「房島屋」で昼から飲み【自宅】

天ぷらとしめ鯖に合わせて「房島屋」で昼から飲み【自宅】

 

前の日にワッセワッセと作ったしめ鯖。

せっかく作ったのだから、それを肴に休日の今日も昼から飲みだ。

 

今日は奥殿が天ぷらも揚げてくれた。

鱈(たら)とナスの天ぷらで、家で天ぷらは久しぶりの登場だ。

 

もちろんしめ鯖も盛ってくれてある。

こんなセットで用意してくれたのだが、しめ鯖に天ぷらと言えば立派なセット。

 

鱈に茄子の天ぷらだから豪華なネタではないけど、これが思いもよらず美味しい天ぷらだった。

茄子も鱈もとても旨いのだ

 

茄子は旬の時期ではないけど、何故かこれが美味しい。

奥殿に聞けば、今はハウスで作るから年中あるし、それにハウス栽培は管理が行き届いているから、路地物より質がいいことが多いとのこと。

 

因みにこの茄子は熊本県産。

言われて見てみれば確かにピカピカの茄子で、茄子紺の色も鮮やか。

やはり全国へ出荷している農家さんは、並のレベル以上のものを出してくるということか。

 

天ぷらを一盛り食べたら余計に食べたくなってしまい、追加で盛ってもらった。

本来はご飯のおかずに用意してあったものだけど、たまらず追加で盛ってもらったのだ。

 

茄子も美味しいけど鱈も美味しい。

家で鱈の天ぷらを食べた記憶はあまり無いけど、鱈の天ぷらがこんなに美味しいものだと認識を新たにした。

白身で淡白な味の鱈が、上品で美味しい天ぷらになっているのだ。

 

自作のしめ鯖も美味。

作って一晩寝かせたからか、旨味がこなれた感じ。

加えて鯖の旨味が増幅されている。

 

自分で作っておいて言うのもナンだけど、これほど旨いしめ鯖にはあまり出会えない。

かなり上等なしめ鯖なのではと自負しているが、ちょっと言い過ぎだな。

 

生で食べる刺し身には ”活きの良さ” を味わうという旨さがあるけど、しめ鯖にはそれとは違って、”じっくりと味わう” 旨さがある。

熟された旨さと言うか、例えれば若い女性と熟女の違い、と言っては下品か。

この辺りは好みでどうぞという世界だが、って何の話でしたっけ?

 

これには日本酒が合う。

何を合わせようかとちょっと悩んで、「房島屋」にしてみた。

辛口と書いてあるけど、酸味と甘味が効いた純米酒。

画像の通り白濁しているのは ”おりがらみ” だからで、辛口の感じは受けない。

 

旨い肴に旨いお酒で、気分は天国だ。

 

〆のご飯だけど、おかずの予定の天ぷらを食べてしまったので、おかずがない。

こういう時は自分で何とかするしかないが、茄子が美味しかったので茄子を焼くことにした。

 

キレイな茄子だ。

傷一つ付いていない。

 

包丁の入りもよく、スパッとキレイに切れる。

やはり良い茄子なのだ。

 

豚肉と合わせてちゃちゃと焼けば、ハイ出来上がり。

いい感じに焼けたのでは。

味付けは本だしと出汁醤油だけだけど、これでバッチリだ。

 

ご飯と味噌汁によく合う。

決して豪華な食事ではないけど、これがとても美味しいし、毎日でも飽きない。

本当に美味しい物というのは、意外に身近にあるものなのかも知れない。

 

美味しかった。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました