富山のブラックラーメンは見た目ほど辛くない

富山のブラックラーメンは見た目ほど辛くない

 

この日の昼は、富山のブラックラーメン。

居酒屋のママに、土産としてお酒などと一緒にもらったものだ。

 

富山へは一人旅をしてきたとか。

一人旅ってどう?って聞けば、行き先も時間も自由で好きなように動けるし、他の人と都合を合わせる必要もなく気楽でいいとのこと。

 

一人旅の経験のない私は、旅先の飲み屋へ一人で入ることすら緊張してしまいそうだけど、ママに言わせればみんな親切にしてくれるという。

 

これはママが美人だからこその ”役得” だと思うけど、一人旅で一人飲みするなんて ”大人の女性” ではある。

それに比べ、一人で飲み屋へ入ることすら緊張してしまう私は ”お子ちゃま” か。

 

それはともかく富山のブラックラーメンだ。

お土産ではあるけど普通のインスタントラーメンと同じで、作り方に特に変わったところはない。

富山ブラックはご当地ラーメンとしてそれほど有名ではないと思うけど、土産として売っているほどなのだから、それなりに名前は通っているのだろう。

 

豊田市にも「三河ブラック」を謳うラーメンがあるけど、富山ブラックとの関連は知らない。

富山ブラックも三河ブラックも食べたことがないから、どんな味か楽しみだ。

 

作り方は普通のインスタントラーメンと同じと書いたけど、2食入りの麺が一袋に入っている。

適当に二つに分ければ済む話だけど、不親切では。

コスト削減のためなのか知らないけど、一食づつに分けておいて欲しいものだ。

 

スープは2つに分かれていた。

って、当たり前か。

 

あとは普通のラーメンと同じように茹でて出来上がり。

半熟卵をトッピングして、いただきます。

 

富山ブラックと言うだけあって、スープは真っ黒。

見るからに味が濃そうで、ちょっとビビる。

 

恐る恐るスープを啜ってみれば、これが見た目ほど辛くない。

確かに味は濃いけど、見た目ほど醤油辛くはないのだ。

 

この辛さが富山ブラックの標準的なものなのか、それともインスタント故に万人向けに味の濃さを抑えているのか分からないけど、この程度なら普通に味わえる。

と言うか、もっとガツンとした味を期待していたので、ちょっと拍子抜け。

 

名古屋には思いっきり辛い台湾ラーメンがある。

その激辛の台湾ラーメンをスガキヤがインスタントラーメンとして出しているけど、それは本当に唐辛子辛くて、辛さに弱い人だとギブアップしそうなほど。

これぐらいガツンとした味だと無理という人も出るだろうけど、ハマる人には嵌まって、そういう人にとっては病みつきのラーメンになる。

 

結果、熱狂的なファンが出来るのだけど、富山ブラックももっとマニアックな味に振ってもいいのでは。

ただし極端に醤油辛いと不味くなってしまうのかも知れず、この程度の味で丁度いいのかも。

 

素人の私の考えなので、見当違いだったらお許しを。

その前に本物の富山ブラックを食べたことがないのだから、偉そうに語る資格はないけどね。

 

今日は富山ブラックでごちそう様。

たまにはママの店にも行ってあげたいけど、コロナがね。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました