お印程度のケーキで終わった私の家のクリスマス

お印程度のケーキで終わった私の家のクリスマス

 

12月末のビッグイベントといえばクリスマスだけど、私の家では特に何かをすることもない。

子供が小さい時はツリーを飾ったりプレゼントを買ったりで、世間並みにあれこれやっていた。

 

最近はめっきり見なくなったけど、家の外周りをイルミネーションで飾り立てる家もあった。

中には何十万円もかける家もあり、それを見に来る人も現れるほどだったけど、いつのまにかそのブームも去ってしまったようだ。

 

子供も大きくなれば、サンタクロースがプレゼントを持ってくるのでは無いという現実を知り、それにつれて私の家のクリスマスもだんだんと縮小。

子供も幼児性が抜け、”事実” を知っていくのだけど、それだけ夢がなくなっていくとも言える。

 

そんなクリスマスの日の朝ごはんはパスタ。

クリスマスだからパスタにしたのではなく、たまたま25日が休日で、休日恒例のパスタにしたまでのこと。

 

使うパスタもいつものようにディチェコのフェデリーニ。

もうずっとこのパスタばっかりだけど、このパスタが美味しいからだ。

 

パスタを茹でながらソースも作る。

料理のスキルの低い私なので、レトルトのパスタソースを使うのはいつもと同じだ。

 

今日のソースはクリームソースで、それにレタスとちくわを入れて温めるだけ。

このレタスはちょっと変わったレタスで、加熱して使うことを前提にしたレタス。

生でも食べられるけど、加熱したほうがより美味しくなるのだ。

 

パスタを表示通り6分きっちり茹でて、ソースと絡めればハイ出来上がり。

黒胡椒を振りかけて「いただきま~す」。

 

食べればこれがいつものように美味しい。

クリームパスタにちくわという変な組み合わせだけど、淡白な味のちくわが濃厚なクリームの味によく馴染む。

それとレタスも加熱したことで甘みが増し、美味しく仕上がっている。

 

スープとして添えてあるのは味噌汁。

味噌汁と書くと違和感を感じるかもだけど、miso soup と書けばそれなりになるか。

クリームパスタに味噌汁の味がよく合うのは、味噌と牛乳の相性がいいためかも。

 

こんな感じで朝ごはんが済んで、奥殿が出してくれたのはケーキ。

小さなカップケーキだけど、クリスマス仕様になっている。

 

ホンのお印程度のケーキでも、あればやはり季節を感じるもので、いい雰囲気。

ネスカフェのバリスタでいれたクレマたっぷりのコーヒーと合わせれば、カフェ顔負けの美味しさ。

そう言えばこのバリスタは、一年前に NIKKEI のプレゼントで当選したもので、思わぬ Xmasプレゼントだった。

 

奥殿にこのケーキはどこのもの?と聞けば、シャトレーゼとのこと。

最近ケーキはとても高くなってしまい、500円からがスタートの感じ。

それに比べればシャトレーゼのものは安いものだけど、私にはこのケーキで十分に美味しい。

 

この日は朝イチからのパスタと、Xmasケーキで美味しかった。

ごちそう様でした。

 

これで今年のXmasも終わりで、もう年末。

お正月を迎える準備を何もしていないけど(汗)、まだ間に合うか。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました