一人飲みは作って飲んで、後片付けも済ませて完了

一人飲みは作って飲んで、後片付けも済ませて完了

 

プジョーに乗っている同級生が訪ねてきた。

彼の乗っているプジョーは、リトラクタブルのハードトップを持つオープンカー。

そんな彼が訪ねてきたのは、ツーリングのお誘いのため。

 

私もオープンカーに乗っているけど、オープンカーは夏に似合いそうに見えても、実は夏が一番の苦手。

屋根を開けると真夏の太陽に晒され、それに耐えられないのだ。

日焼けするだけでなく、干からびそうになるからね。

 

彼はバイクにも乗るけど、同じ理由で6月から乗っていないとのこと。

夏も終わり秋めいてきたので、それでツーリングに行こうとのお誘いだ。

 

日にちも行き先も未定だけど、OKしておいたのはモチロンのこと。

人生何が起きるか分からないから、行けるときに行かないとね。


 

この日の朝ごはんはチキンライス。

2Kg も買ってしまったブラジル産の鶏もも肉も、これで終了。

毎日食べていた訳ではないけど、2週間かかって完食だ。

 

本当はオムライスにしたいのだけど、卵が巻けないので卵焼きを添えてみた。

餡掛けの半熟卵焼きで、これはこれで美味しいけど、オムライスに出来ないのが残念。

 

私の好きなオムライスは、薄焼きの卵を巻いた正統派のオムライス。

今は ”包まないオムライス” もあるけど、あれは半熟の卵焼きを乗せただけの感じ。

食べれば美味しいだろうが、卵が巻けない人が作ったオムライスの気がする。

 

私の中でオムライスといえば、やはり卵を巻いたものがホンモノ。

それが私では作れないのだ。

 

結局チキンライスと卵焼きの別々の料理に。

これはこれで美味しいけどね。

 

この日は奥殿が飲み会(食事会)で、晩ご飯は私の一人飲み。

一人飲みは気楽でいいけど、作る・飲む・食べる・片付けるを、全て一人でやらないといけない。

 

自分で作って自分で飲むのだから、手を抜こうと思えばどこまでも手が抜ける。

何なら作ることも放棄して、缶詰などを開けてツマミにしてもいいのだけど、やる気の無い雰囲気が漂ってイヤ。

一人飲みではあっても、気持ちはシャキッとして飲みたいからね。

 

ということでまず初めにやったことは包丁の研ぎ、って何でやねん。

この前手に入れた、ツヴィリングの包丁の切れ味が落ちてきたからで、やはりどんなにいい包丁でも研がなければ切れなくなる。

逆に言えばそれなりの包丁でも研げば驚くほど切れるもので、ブランドよりも研ぎの方が大事なのだ。

 

そんな研いだばかりの包丁を使って作るのは、キャベツの千切り。

研いだばかりなので、キャベツも切れ味鋭くスパッ!

 

千切りキャベツもシャキシャキと切れまくる。

あまりにも気分良くよく切れるので、ついつい切りすぎてしまう。

 

トマトもスパッと。

切り口のエッジが立っているのが、お分かりいただけるだろうか。

 

キャベツとトマトを付け合わせ用に盛ったけど、この盛りだけでもサラダとしていけそう。

ここに盛るのは白身魚のフライとチキンカツ。

どちらも冷凍モノで揚げるだけなので、私のような素人にはピッタリ。

 

揚げます。

キツネ色になるまで4~5分揚げればOK。

 

用意してあるお皿に盛れば出来上がり。

魚とチキンのミックスフライの盛り合わせだ。

 

朝も作ったけど、半熟の餡掛け卵焼きを添えればセット完了。

素人の私でもここまで出来るのが嬉しい。

 

カンパイ、って一人やけどな。

グイッといけばいつもと変わらず旨い。

 

今日は黒ラベルでホンモノのビールだけど、いつも飲んでいる新ジャンルのゴールドスターとの違いが分からない。

ゴールドスターの出来が良いのか、それとも私のバカ舌のせいなのか、違いが分からないのだ。

おそらく私のバカ舌のせいだと思うけど、安上がりであるとも言えるから、そこは助かる。

 

揚げ物も美味しかったけど、それより美味しかったのは付け合せのサラダ。

付け合わせにしておくのは勿体ないほどで、別に盛ってサラダとして出しても良かったかも。

 

餡掛けの卵焼きもビールのアテによく合う。

ただし一人で飲んでいると、どうしてもピッチが早くなってしまう。

これが居酒屋で美人ママを相手に飲んでいれば、会話が挟まれるのでペースも落ち着くのだけどネ。

 

一人飲みの最大の欠点は、この会話が無いことかと。

居酒屋に高齢の男性客が一人で飲みに行くのは、飲むことが目的ではなく、実は会話を求めて行くのかも。

 

ビールが終われば冷酒に。

これは「ざく」で、三重・鈴鹿のお酒。

って、お酒には色がないので見ただけでは分からないけど、美味しいお酒だ。

 

そして締めは素麺。

氷水でギュッと締めた素麺が美味。

 

これで終われれば気楽だけど、本当の締めはここから。

ちゃんと洗い物も済ませ、テーブルもキレイに拭いて終了。

 

ここまで完璧にやるのは、自分で言うのもナンだけど ”出来たダンナ” では。

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました