カニカマの天ぷらは、本物のカニ天ぷらより旨い?

カニカマの天ぷらは、本物のカニ天ぷらより旨い?

 

この日は天ぷら。

週に一度は天ぷらをやっているのだけど、ここ最近はそのベースが上がり週2のペース。

その理由は奥殿の要望があるためで、おかげで天ぷら担当の私は忙しいことになる。

 

この日、奥殿が天ぷらにして欲しいと言ったのは、舞茸があるのがその理由。

スーパーへ行った時に買ったもので、それを天ぷらにして欲しいというのだ。

 

面倒だなと思わず、時間が許せば希望通り天ぷらを揚げるのが家の平和を保つコツ。

こんなところでゴネていても、ロクなことはないから。

 

その舞茸をメインに、用意した天ぷらのネタがこれ。

いつもと大して変わらないけど、天ぷらのネタなんてそうそう変わるものではない。

 

衣を用意すれば天ぷらの準備は完了。

天ぷらはここまでやれば8割方できたのと同じで、あとは揚げるだけ。

 

揚げ方によって美味しさに違いも出るだろうけど、だいたいの感覚で揚げても何とかなる。

素人の私が揚げても、そこそこ上手く出来てしまうのだから。

 

揚げます。

180℃ の油で2~3分揚げれば出来上がり。

 

お皿に盛ればこんな感じ。

今日はいつもの長皿に代えて、陶板の丸皿に盛ってみた。

深い意味はなく気分で変えたもので、器が変われば雰囲気も変わるかと。

 

これは先付の ”三点盛り” 。

突き出しのイメージで盛ったもので、きんぴらごぼうに白菜の漬物など。

居酒屋ならこれでビール一本は飲んでいる。

 

天つゆを用意してセット完了。

飲み屋のセットのようになるのは呑兵衛の私がセットするからで、ご飯と言うイメージではない。

 

まずはビール。

家の晩ご飯はビールから始まるのが常。

天ぷらを揚げるのも、お酒のためというのが正直なところだ。

 

天ぷらはいつもと変わらずサクッと揚がっていて、いい感じ。

天ぷらの華であるエビはないけど、それがなくても十二分に美味しい。

 

それに代わるものという訳ではないが、カニカマの天ぷらを入れてある。

このカニカマ、見た目もホンモノのような雰囲気で、食べても本物な味と食感。

もしかすると本物以上に美味しいかも。

って、ここ最近ホンモノのカニを食べていないけど。

 

ビールが済めば冷酒にチェンジ。

天ぷらにお酒はよく合うし、ビールのようにお腹が膨れないのもいい。

 

奥殿の希望の舞茸の天ぷらは、苦味走った風味もあって、大人の雰囲気。

同じキノコでもエノキやぶなしめじとは違った味で、それぞれの味の違いが楽しめる。

 

こんな感じでお酒も済めばご飯に。

ご飯は奥殿が絶賛した天かす丼にした。

余った衣で作った天かすを掛けるだけなので、秒でできる。

その簡単さとは裏腹に、これが想像以上に美味しいのだ。

 

小どんぶりに少し盛ったご飯の量もいい感じで、飲んだあとのシメにはピッタリ。

ということで、初めのビールから最後の締めまで、居酒屋のような晩ご飯で終了。

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

って、全部私が作ったけどネ。

ワタシが!

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました